占い師に「○○のエネルギーが弱い、ない」と言われたとしたら

たとえばあなたが、占い師に「仕事のエネルギーが弱い」と言われたとします(「仕事」を「恋愛」や「結婚」、その他の別の要素に置き換えても同じです。

また、エネルギーという表現も、「○○の星がない」「○○のパワーがない」「○○の縁がない」というように、いろいろな言い方があると思いますが、どれでも同じです)。

どんな人でも、いろいろなエネルギーや要素を持って生まれているわけですから、その中で弱い部分もあれば、強い部分もあるのが当たり前です。

たとえ、あなたの○○のエネルギーが極端に弱いとしても、あなたの○○に関係があるのは「あなたの○○の星」だけではありません。あなたの持っている○○以外の星やエネルギー、あなたの性格、まわりにいる人たちのエネルギー、その他いろいろなことが影響を与えながら成り立っているのですから、ひとつのエネルギーの強弱だけで判断することは、絶対にできないのです。

どんなことでもそのエネルギーひとつだけに焦点をあてて考えれば、それを極端に持っている人は、全体のほんの一握りです。

占い師が何かのエネルギーを持っている人を基準にして、「あなたは○○のエネルギーが少ない」と言っているのだとしたら、とても極端な言い方になります。

ほとんどの人は、「普通」のゾーンにいるはずです。その中でも、かなりエネルギーを持っている人もいれば、エネルギーが弱いに人もいるでしょう。本人の努力や、様々な要因などで常にエネルギーは変化するため流動的なもののはずです。

たしかに、そのエネルギーが極端に弱い人もいますが、占いによってそれをわざわざ本人に知らせるのであれば、そうならないための方法も同時に話してくれなければ、占いを聞く意味がありません。

その点、仙台の占いを紹介している https://xn--n8j833gm9cpqa.com/ で紹介されている占い師はちゃんとしていると思います。私も占ってもらいましたが、対策まで詳しく教えてもらえました。

仮に、もしすべてがその数値(やエネルギーや星)のとおりに現実の生活に表れるのだとしたら、こんなに簡単なことはないと思いませんか?

その数値が極端に低いことにははじめから手を出さず、強いところだけを頑張ればうまくいくということになります。でも現実の生活は、そんなに簡単なものではありません。

「本来は成功するははずがない」と占い師に言われた人でも誰よりも成功しているということがたくさんあるのです。

「なにかのエネルギーが極端に弱い」「あなたはこういう星を持っている」これだけで、あなたの人生が決まってしまうことは絶対にありません。